デパスとソラナックス





デパスの特徴


デパスは1984年から販売されているチエノジアゼピン系の抗不安薬(精神安定剤)です。おそらくは精神神経系のおクスリの中でもデパスは最も有名であり、内科などで処方されたことのある方も多いことでしょう。


デパスは脳のBZD受容体という神経受容体に結合して気持ちを落ち着ける作用があります。ですから、不安感が強くて落ちつかないとか憂鬱でたまらないとか、イライラしてしまって物事が手につかない言った症状を訴えると、最初に処方されるケースが多いと思われます。


デパスは他の抗不安薬に比べ、高い抗うつ効果が認められています。ちなみに、デパスというネーミングはdepression(うつ)をpass(パスする)という英単語から拾われたものです。ですから、初診で医者にかかったときに、 副作用が多い抗うつ剤を嫌う医師が抗うつ剤代わりに「とりあえずデパスでも出しておくか」といった感じの使われ方もします。


また、更にデパスには心身の緊張を緩める働きがあるので、内科領域では高血圧症,胃・十二指腸潰瘍などに処方されるケースもありますし、そして整形外科領域では筋弛緩作用を利用して、肩こりや腰痛に処方されるケースもあります。

デパスは睡眠薬として売り出されているわけではないのですが、その高ぶった神経を鎮める作用の強さを利用して、睡眠薬代わりにも使われることが多々あります。デパス1~3mgを、入眠剤(睡眠薬)とする処方例をよく耳にします。

というわけでデパスは「一錠で何度も美味しい」ところがあるという「万能的」な作用から、精神科や神経科以外の各科でもよく使われているのですが、私はそれを身を持って体感。
ある時、皮膚のかゆみが酷くて皮膚科にかかったときに、「かゆくてイライラして物事に集中出来ない」と訴えたら、ここでデパスが処方されたことがありました。本当にどの科でもデパスはよく使われているんだなぁと実感しました。

デパスの作用はマイナートランキライザーとしてはかなり強く、血中半減期が6時間以内ということで、作用の持続時間が短い点も利点のひとつです。つまり、デパスの場合はいつまでも体内にクスリがたまることが無く、スパッと効いてスパッと抜けてくれるのです。

デパスが発売されるまでの我が国の抗不安薬市場はセルシンがずっとトップに君臨していたのですが、そんな状況を打破したのがデパスなのです。ちなみに、デパスと同じ抗不安薬として有名な、レキソタンソラナックスコンスタンなど精神神経系のクスリは外国企業が開発したものが多いのですが、 デパスは我が国の製薬会社吉富製薬が開発した、貴重な純国産薬なのです。





ソラナックスの特徴


ソラナックスは1984年に認可されたベンゾジアゼピン系の抗不安薬です。ソラナックスの働きはリラックス系の神経を活性化し、気持ちを落ち着けるといったものです。


ソラナックスはかなりの人気を誇る薬で、アメリカではザナックスという商品名で発売されていてアメリカ国内の抗不安薬処方第1位を誇っています。ソラナックスはジェネリック品として、他社からの同成分のクスリも発売されています。


ソラナックスには、 こわばった筋肉を緩める働きもあるので、肩こり、腰痛などにも処方されることがあります。しかし、その筋弛緩作用が安定剤の中でも特段強いわけではありません。ですから、筋弛緩作用が強いデパスなどの服用でふらつきが出てしまった方や、
高齢者にも比較的使いやすい薬です。その上、そこそこの抗鬱作用も併せ持っているという、1錠で何度も美味しい側面がある薬だと言えます。とかく、作用の強さも水準以上あり、副作用も少ない薬と言うことで評価されており、処方される頻度の多い薬であると言えます。


そして、ソラナックスはパニック障害や強迫神経症にも有効であり、脚光を浴びています。

私がソラナックスを愛用していた時の感想としては、パニック障害による イヤな予感(予期不安)を吹き飛ばしてくれましたし、心臓が暴れ出した時に服用したら見事に
動悸もストップしました。また、少しですがテンションも上がってくれて本当に大助かりでありました。