マイスリーの特徴、マイスリーとは





マイスリー

成分(一般名) : ゾルピデム酒石酸塩

マイスリーの特徴


マイスリーは2000年に販売が開始された、非ベンゾジアゼピン系とカテゴライズされる睡眠薬です。マイスリーは、従来のベンゾジアゼピン系睡眠薬の問題点であった「依存性」などの軽減を狙って開発された新しいタイプの睡眠薬で、欧米をはじめとして世界80カ国以上の国で発売されています。


マイスリーは2015年3月期では194億を売り上げており、国内でも非常に売れている睡眠薬の一つですから、現在マイスリーを処方されている方も多いことでしょう。


マイスリーの効果と作用時間


マイスリーの最高血中濃度到達時間は 0.7~0.9時間前後で、服用してから1時間以内で薬の効果が出ると言うタイプの薬です。ですから、速やかに効果を発揮するマイスリーは床に入ってもなかなか寝付けないという症状に向いているおクスリなのです。
その上、マイスリーの血中濃度半減期は2時間前後で、つまり服用してから2時間を境に薬の効果が無くなっていく睡眠薬なので、翌朝にまで薬の効果が残っておかしなことになることもないという、完全に「寝つきの悪さの改善」にターゲットを絞られた睡眠薬、それがマイスリーなのです。


マイスリーは、作用時間の守備範囲が被っている有名な睡眠薬、ハルシオン並みの効き目の早さと爽やかな目覚め(超短時間型)と依存性の少なさを売りにシェアを急速に拡大してきたと言うわけです。


私は「ハルシオン欲しいです」と某医院で言ったところ、「ハルシオンはちょっとね…」と言われて、代わりにマイスリーを出されたと言ったこともありました。