ルネスタの副作用






ルネスタの副作用


ルネスタは副作用が少ないと言われてはいるのですが、速効で効いてくれる代償でしょうか、
服用してからすぐに床に就かずにいると健忘を起こしたり、睡眠時遊行症(夢遊病)の一種による異常行動の発現などが起こったケースもあるようです。
またトイレなどに行くため一時的に起きたときなどにフラフラして転倒してしまうという事故も発生しています。ですから、睡眠途中に一時的に起床する可能性がある場合はルネスタは服用すべきではないでしょう。


それに加えて、ルネスタをはじめとする睡眠剤を服用している間はアルコールは控えたほうが無難です。 アルコールによって副作用が強まるおそれがあります。