レクサプロの特徴






レクサプロの特徴


レクサプロは2011年に我が国で発売された抗うつ剤で、「選択的セロトニン再取込阻害薬(SSRI)」に分類されます。


レクサプロの他に、現在我が国に於いて認可されているSSRIには「パキシル」「ルボックスデプロメール」「ジェイゾロフト
があり、レクサプロは国内4種類目のSSRIと言うことになります。


レクサプロの特徴ですが、レクサプロの属するSSRIと分類される抗うつ剤はセロトニン系と呼ばれる神経のみに働くという革新的特徴を持っていると言うことにはなっているのですが、
何だかんだでノルアドレナリンやドーパミンと言われる物質にも若干は作用していたのが実情だったのです。しかし、レクサプロはほぼセロトニン以外には働かないという点が大きな特徴となっています。
それは「余計なところには全く作用しない」と言うことになりますから、副作用が更に軽減されると言うことになるわけです。







また、レクサプロは、作用時間が非常に長いため、一日1回の服用で済むというメリットもあります。

レクサプロには即効性もあります。普通の抗うつ剤は最初は少量から開始し、副作用などの問題が起きないことを確かめながら
服用量を増やしていき、数週間かけて薬に効果が十分に発揮される量、即ち「治療用量」まで増量していくという処方の仕方を
しますので、薬の効果が発揮されるまでにその分だけ時間がかかります。しかし、レクサプロは最初に処方される10mgが「治療用量」なのです。
ですから、処方されたその日から「治療用量」の薬を服用出来ることになるのです。その分だけ効果を早く発現させることができるというわけです。

ですから、レクサプロはセロトニンにターゲットを完全に絞っているという点で、効果も高いうえに、前述のように
余計な所に作用しない点で副作用も少なく、そして即効性まであると言う、服用する側にとっては美味しい要素を上手く兼ね備えているため、
世界では一番売れているSSRIとなっています。