ロゼレムの効能、薬価、効き方について






ロゼレムへの私見


ロゼレムは発売されてしばらくして処方を受けました。画期的な新薬ということで期待しての服用でしたが‥2週間服用し続けても全く効果はありませんでした。
そもそも私の様な人間は、従来の「脳の神経を鎮める」睡眠薬を何年も飲み続けて来てしまいすぎたのでしょう。
今更、睡眠のリズムを自然に取り戻すなどと言うにも手遅れなのかも知れません。ネットで評判を拾ってみても、「効かない」と言う感想がかなり多く見られました。
ロゼレムは従来の睡眠薬を服用したことのある人には、その効果を実感しにくいようです。

しかし、先程も述べましたが、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬の依存に悩む人が増えてきた昨今、
新たな睡眠薬の選択肢が生まれたことは歓迎すべきだと思います。初診の患者さんがロゼレムを処方されれば、依存性の問題があるベンゾジアゼピンに手を染めずに済むわけで、いわゆる
「ベンゾジアゼピン依存予備群」の一員にならずに済むわけですから。


ロゼレムの効能


不眠症における入眠困難の改善


ロゼレムの用法・用量


通常、成人はラメルテオンとして1回8mgを就寝前に経口服用する。

ロゼレムの薬価


ロゼレム錠8mgの薬価は84.9円です。ロゼレムは発売されてから日が浅いため、ジェネリック品は発売されていませんから、処方を受けたのならばそれなりの負担を考慮に入れる必要があるかもしれません。


ロゼレムの副作用と危険性


ロゼレムは無理やり脳の神経を鎮めるというやり方をしないため、
安全性の高いことがセールスポイントであるクスリですので、重い副作用は、
医師の指示通りに服用している分には、ほとんどありません。
何よりもこれまで広く使われてきたベンゾジアゼピン系と言われる系統の睡眠薬は、依存性や耐性(長期連用で効き目が悪くなる)の問題があり、これを回避するためにも違う系統の睡眠薬を、
と言うことも念頭におかれたうえで開発された薬がロゼレムですから、副作用が
低く抑えられているのは当然と言えば当然かも知れません。