ロゼレムの特徴、ロゼレムとは??





ロゼレム

成分(一般名) : ラメルテオン

ロゼレムの特徴


ロゼレムは2010年に武田薬品から発売された、メラトニン受容体作動薬と言う、従来のものとは違った作用機序を持った睡眠薬です。ロゼレムは睡眠に深く関わるホルモンである『メラトニン』の受容体に働きかけることで、睡眠と覚醒のリズムを整えて行くと言うアプローチを取っている点、今までのベンゾジアゼピン系を主体とする睡眠薬とは一線を画した作用機序を持っています。

ロゼレムは、脳の視交叉上核と言う場所にある、メラトニン受容体(MT1/MT2)へ作用します。
そもそも人間と言うものは当然ですが、無限に起きていられるわけではありません。
朝起きれば、十数時間後には自然と眠気がやってくるわけです。こういうものを体内時計機構と言います。
脳の視交叉上核は、朝人間が起きると夜に分泌するためのメラトニンと言うホルモンを作り出します。
夜になるとこのメラトニンが分泌され、メラトニン受容体(MT1/MT2)へ作用するのですが、
これによって睡眠中枢と言われる覚醒と睡眠をコントロールする部分の睡眠側のスイッチが入り、
人間は眠りに落ちるというわけです。

そこで考えられたのがメラトニンと同じ働きをするロゼレムなのです。現代人と言うものは眠気を我慢して働かなければいけなかったり、
また、夜更かしをしてでも趣味に没頭したりと、何かと体内時計を狂わせながら生活している側面があります。
それでも眠ければ、コーヒーなどで無理やり眠気を抑えるという行動に走ってしまい、体内時計はますます狂っていきます。
そんな体内時計を元の状態に戻す手助けをする薬を作ってみたら良いのでは?ということでロゼレムが開発されたのです。

ロゼレムが発売される以前の睡眠薬と言うものは脳に働きかけるものの、脳の神経を鎮めるとか、
もっと極端な言い方をすれば、無理やり脳のブレーカーを落とすと言った、そんな作用の仕方をするものでした。
無理やり脳の神経を鎮めると言うやり方をすることによって、様々な副作用や危険性が問題になってきたわけです。

ですから、ロゼレムの作用は、一般的な睡眠薬の作用とは違い、自然な睡眠により近いのが特徴になります。
脳の神経を鎮めるわけではなく、体内時計を調整する手助けをするという作用ですから、即効性はあまりありません。
効果を発揮させるには、それなりの期間服用し続けていき、体内時計の状態、睡眠のリズムを調えて行かなければいけません。

ロゼレムの最高血中濃度到達時間は服用後45~52分とされています。これは、他の睡眠薬に比べても
かなり短い部類に入ります。服用してから速やかに薬の成分が取り込まれる、つまりは寝つきが悪い症状
、入眠障害にロゼレムは良い効果が期待できます。また、血中濃度が半分になるまでの時間である
半減期は45分~91分ですから、薬の効果は長くは続きません。ですから、夜中に何度も目が覚める
「中途覚醒」と言う症状の改善にはロゼレムはあまり期待できません。