サインバルタの特徴、サインバルタとは?






サインバルタの特徴


サインバルタは2010年に国内2番目の「選択的セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤(SNRI)」として 認可された抗うつ剤です。

サインバルタにはそれまでのSNRIであるトレドミンよりも強い
抗うつ効果と即効性もあるとされています。副作用も少ないと言うことで、サインバルタは今後ますます処方される事が増えることが
予想され国内の抗うつ剤の中心的存在になることでしょう。

サインバルタは脳内の神経伝達物質であるセロトニン、
そしてノルアドレナリンに働きかけ、それらの伝達量を増やすと言うアプローチを取っている薬です。セロトニンが増えることは気分の落ち込みや焦燥感、すなわち不安の改善に効果があり、
ノルアドレナリンの増加は意欲や気力の増加につながります。


サインバルタの何が画期的かというと、「SSRI」とか呼ばれる、 パキシルのような薬がありますが、
これはセロトニンにだけ働きかけるというタイプの薬ですからセロトニンに加えて、ノルアドレナリンにまで働きかけるサインバルタの効果は単純計算で考えてもSSRIを凌ぐということになるかと思います。


サインバルタは他の余計な部分には働かない(というのも、古いタイプの抗うつ剤は脳内のアセチルコリンと呼ばれる物質にまで作用してしまい、これによって便秘や口の渇きなどを引き起こしていた)ため、副作用も少なくなっており、従来の抗うつ剤に多かった、「便秘」「動悸」「厳しい口の渇き」「尿が出にくくなる」
などの副作用が起こる頻度が非常に低くなっています。

また、サインバルタには、鬱病などに伴う体の痛み、いわゆる、心因性疼痛に対する効果も認められています。
体の痛みを覚えて医師にかかったのにも関わらず、「原因不明」と言われた経験のある方も多いのではないでしょうか。
そういった痛みにサインバルタが効くといったケースもあるかも知れません。