ジェイゾロフトの副作用と薬価、効果とは?





ジェイゾロフトの副作用


ジェイゾロフトは、副作用の少なさがウリと言われているのですが…、実際我が国で処方が始まると共に、
様々な副作用を訴える方がかなりいるようです。一番多いのは「飲み始めの吐き気」です。これは人によりますが、
2週間程度で治まると言われていますが、ずっと吐き気が続いてしまう場合もあります。


また、この吐き気によって、食欲が無くなり体重が減ったのをジェイゾロフトで痩せたと勘違いされる方も多いようですが、
元々抗鬱剤は服用によって、太る事の多い薬です。確かにジェイゾロフトは抗鬱剤の中では太りにくい薬ですが、少なくともジェイゾロフトには痩せる作用はありません。


ジェイゾロフトの薬価


ジェイゾロフトの薬価は高めで、ジェイゾロフト錠25mg101.3円、50mg錠175.9円、100mg錠305.4円となっていますが、2015年末頃から、ジェネリック医薬品が流通する予定になっており、患者の負担軽減が期待されています。

ジェイゾロフトへの私見


私もつい最近、このジェイゾロフトを処方してもらいましたが、服用して実際に感じたところは「作用の特異さ」でした。多種ある抗うつ剤の中でも、その服用によって一気にテンションが持ち上がるというものは基本的にはないのですが、ジェイゾロフトには無理矢理テンションを持ち上げられたような感じがしました。
国内で販売されている抗うつ剤の殆どを服用したことのある私ですが、ジェイゾロフトの場合は今までの抗うつ剤とは効き方が違うことが目に見えるように分かりました。これは抗うつ剤というよりは精神賦活剤では?といった感じを個人的には受けました。弱い薬と聞かされていただけに、予想外の結果でした。


また「クスリの切れ際の不快感」も感じました。朝に1錠服用すると、日中はかなり気分良く過ごせたのですが、夕刻過ぎ、そして就寝前辺りになってから、無意味なイライラ感に襲われました。そして、それがなかなか治まらずに、不眠へと繋がってしまったという悪循環でした。