ジェイゾロフト/セルトラリンとは?

ジェイゾロフト/セルトラリン









ジェイゾロフト

成分(一般名):塩酸セルトラリン

ジェイゾロフトの効能


うつ病・うつ状態、パニック障害、外傷後ストレス障害。


ジェイゾロフトの特徴・効果


ジェイゾロフトは2006年に我が国で認可された抗うつ剤で 「選択的セロトニン再取込阻害薬(SSRI)」と括られるグループの製品です。我が国では2006年になってようやく認可され、処方が開始されましたが、アメリカではゾロフトという商品名で1991年にはFDAから認可が下りており、アメリカでは既に幅広く処方されています。


ジェイゾロフトはセロトニン系と呼ばれる神経のみに働くという特徴を持っており、気分を楽にさせる作用のあるセロトニンを増やすことで抗鬱効果を発揮させようと言うアプローチを取っていますが、それ以外の「余計なところには作用しない」という特徴により、従来の抗うつ剤に多かった副作用(口が渇いたり、便秘、立ちくらみなどの症状が一般的です)の大幅な軽減を実現しています。。


ジェイゾロフトは、適応症としてうつ病及びうつ状態パニック障害が挙げられており、2015年には外傷後ストレス障害(PTSD)に対する効能・効果の追加承認を取得しています。また、アメリカでは強迫性障害の治療薬としての認可も受けており、その他にも摂食障害など、様々な心の不具合への効果も期待されています。


また、ジェイゾロフトは、作用時間が非常に長いため、一日1回の服用で済むというメリットもあります。


肝心のジェイゾロフトの効き目ですが、それほど強くはないと言うのが一般的な見解です。同じSSRIでもパキシルやレクサプロのほうが抗鬱効果は強いと言われています。
しかし、薬は強ければいいと言うわけでもありません。軽症の患者に強すぎる薬を出せばどういうことになるかを考えればわかりやすいかもしれません。
このような「強すぎず、副作用も少ない」特性から、ジェイゾロフトは「処方しやすい薬」として世界中で幅広い支持を受け、処方されています。


そして、ジェイゾロフトは三環系抗うつ剤などの古いタイプの抗うつ剤の最大の弱点であった「致死量の絶対値が低い」という問題点をある程度はクリアしています。しかしながら、薬というものは化学物質ですので、大量に人体にそれが取り入れられれば、よからぬ事態に発展することは言うまでもありません。