メンタルヘルス,薬物依存症とは?





薬物依存症とは?


近年、薬物依存に苦しむ方が増えてきています。覚醒剤で何度も逮捕される芸能人などが記憶に新しいですが、
危険ドラッグの問題などと相まって、社会的にも問題になってきています。ここでは、薬物依存について考えてみたいと思います。


薬物依存とは、あらゆる薬物への依存を含み、覚醒剤、大麻などの違法薬物をはじめとし、向精神薬などの処方薬や市販薬さらにはアルコールへの依存をも含まれると考えられています。
違法薬でも合法薬でも、精神依存や身体依存など依存の本質は同様であり、次第に使用量が増えていき(耐性の形成)、多くの社会問題を引き起こしていきます。
一番の問題は、依存症にかかると自分の意志で薬物の使用をコントロールすることが不可能になるため、違法薬物に「絶対ダメ」や厳罰化と言った現状の対応が、完全に後手に回っているという問題があります。
ですから冒頭に述べましたような、何度も逮捕される芸能人のようなケースが起こってしまうわけです。


薬物依存に対する対応が後手に回っている例は様々あり、例えばアルコール依存症で入院治療したのに、退院した頃には処方薬に依存してしまったと言ったまさに本末転倒と言ったことが実際に起こっています。
アルコール依存症患者は、不眠やうつ状態を引き起こしやすいので、それを改善する意味で睡眠薬や安定剤などが処方されるわけですが、使用する薬を慎重に管理できないと、こういった事態が起こってしまうわけです。


特に最近では、薬物依存でも処方薬への依存は問題になっています。リタリン、ベンゾジアゼピン系の薬物(デパスなどの抗不安薬やハルシオンなどの睡眠薬)の多様化と副作用、そして依存が問題で、
これらは精神科以外の医療機関でも簡単に処方していますし、表向きには依存性は少ないとアナウンスされている薬物でも、依存性にかかった人間と言うものは少しの薬物でも体が反応してしまうため、治療のためには完全断薬が
求められますが、薬物依存患者には何らかの薬物が処方されていると言った現状があります。アルコール依存症患者がアルコールを口にしながら回復すると言ったことがあり得ないのと一緒なわけです。
依存症からの回復のためには、アルコールの他、あらゆる薬物を使用しない、断薬といった考え方が要求されるのですが、なかなかこれを実践できる環境が少ないといった現状があります。