デパス




デパス
一般名:エチゾラム

デパスの特徴と効果

デパスは1984年から販売されているチエノジアゼピン系の抗不安薬です。デパスは精神神経系のおクスリの中でもデパスは最も有名であり、内科などで処方されたことのある方も多いことでしょう。

デパスは脳のBZD受容体という神経受容体に結合して気持ちを落ち着ける作用があります。ですから、不安感が強くて落ちつかないとか憂鬱でたまらないとか、イライラしてしまって物事が手につかない言った症状を訴えると、最初に処方されるケースが多いと思われます。

デパスは他の抗不安薬に比べ、高い抗うつ効果が認められています。ちなみに、デパスというネーミングはdepression(うつ)をpass(パスする)という英単語から拾われたものです。ですから、初診で医者にかかったときに、 副作用が多い抗うつ剤を嫌う医師が抗うつ剤代わりに「とりあえずデパスでも出しておくか」といった感じの使われ方もします。

更にデパスには心身の緊張を緩める働きがあるので、内科領域では高血圧症,胃・十二指腸潰瘍などに処方されるケースもありますし、そして整形外科領域では筋弛緩作用を利用して、肩こりや腰痛に処方されるケースもあります。

デパスは睡眠薬として売り出されているわけではないのですが、その高ぶった神経を鎮める作用の強さを利用して、睡眠薬代わりにも使われることが多々あります。デパス1〜3mgを、入眠剤(睡眠薬)とする処方例をよく耳にします。

というわけでデパスは「一錠で何度も美味しい」ところがあるという「万能的」な作用から、精神科や神経科以外の各科でもよく使われているのですが、私はそれを身を持って体感。 ある時、皮膚のかゆみが酷くて皮膚科にかかったときに、「かゆくてイライラして物事に集中出来ない」と訴えたら、ここでデパスが処方されたことがありました。本当にどの科でもデパスはよく使われているんだなぁと実感しました。

デパスの作用はマイナートランキライザーとしてはかなり強く、血中半減期が6時間以内ということで、作用の持続時間が短い点も利点のひとつです。つまり、デパスの場合はいつまでも体内にクスリがたまることが無く、スパッと効いてスパッと抜けてくれるのです。 ちなみに、デパスと同じ抗不安薬として有名な、レキソタンソラナックスコンスタンなど精神神経系のクスリは外国企業が開発したものが多いのですが、 デパスは我が国の製薬会社吉富製薬が開発した、貴重な純国産薬なのです。



デパスの副作用と依存性

デパスは作用の強いおクスリであると散々申し上げましたが、そのくせデパスは非常に安全性の高いおクスリです。ですから我が国の「抗不安薬・精神安定剤」市場で断然の売り上げを誇っているのです。これはもちろん医師・患者両者からの支持が非常に厚くなければ達成できません。ですから、正しく服用する限りは殆ど問題が起こることはありません。

ただし、デパスは筋肉をほぐす、筋弛緩作用(肩こりや腰痛などに処方されると前述したのはこの作用のため)がとても強いため、クスリに弱い方やクスリの体内での分解能力が落ちている高齢者などの場合はそれが表面に出過ぎてしまい、体の力が抜けるような感覚が強まりすぎてしまい、転倒してしまうといった可能性は否定できません。

また、これもクスリに弱い方に多いようですが、デパスが効き過ぎて意識がかえってヘロヘロした状態になってしまうといった例もあるようです。

それに加えて、デパスとお酒を一緒に服用することは慎むべきです。アルコールによってこう言った副作用が強まることが分かっています。また、デパスとお酒を併用した結果、異常行動(無意識で車を運転し、事故を起こし飲酒運転で検挙)を起こしたと言う例を耳にしたことがあります。

デパスのような短時間型で作用が強い薬と言うものは、すぐにしっかりと効いてくるために効果を実感しやすく、そして薬が抜けた時の不快感を感じるケースも多くなります。 こうしたタイプの薬と言うものは、薬物依存に陥り易いという大きな危険性をはらんでいます。特に問題になっているのがデパスの重複処方です。デパスは様々な科で処方されるケースがあるということを述べましたが、 例えば、内科と整形外科に通っている場合にそれぞれからデパスが処方される、つまりはダブって処方されるケースが最近問題になっています。依存性がある薬が必要以上に処方される、これは大変危険なことです。 特にデパスは重複処方されやすい薬ですから、重複処方から身を守る意味でも、おくすり手帳やかかりつけ薬局の積極的な利用をお勧めします。

また、かつては法律で言う「麻薬及び向精神薬」にデパスは含まれていませんでした。「麻薬及び向精神薬」の不正な取引は法律により罰せられますが、 デパスは向精神薬でないと言う名目の為、個人輸入サイトなどで、デパスのジェネリックであるエチラームなどと言った薬が取り扱われていたわけなのですが、 2016年10月14日にデパス(エチゾラム)は向精神薬指定されました。従って、個人輸入などでデパスのを入手することは違法になったわけです。個人輸入のような自己判断でデパスを手に入れての服用は、依存や濫用の危険性に身をさらす可能性が高かっただけにようやく国の対応が追いついたのかなと思っています。

また、デパスは今までは投与期間の制限もありませんでしたが、2016年11月1日からは30日分までしか処方できなくなると言う厳しい規制がかかることを付記しておきます。

デパスの効能

神経症による不安・緊張・抑うつ・神経衰弱症状・睡眠障害。
うつ病における不安・緊張・睡眠障害。心身症。




戻る