パキシル


↑パキシル10mg錠とパキシルCR12.5mg錠



パキシル
成分(一般名) : 塩酸パロキセチン

パキシルの特徴

パキシルは2000年に我が国で認可された抗うつ剤で「選択的セロトニン再取込阻害薬(SSRI)」と呼ばれています。パキシルの発売まで我が国では副作用の強い三環系抗うつ剤が主に処方されていましたが、副作用のため薬の服用をやめてしまう患者や、同時に副作用どめの薬を処方しなければいけないなどと言った有様だったのです。

パキシルは旧来の抗うつ剤よりも副作用が遥かに少ないうえに、安全性の高さ、そして従来の薬と比較しても遜色のないその効果の強さが評価され、広く処方されるようになりました。

パキシルは脳内の伝達物質であるセロトニン系と呼ばれる神経のみに働くのが特徴で、パキシルは、そのセロトニンを増加させる働きをします。セロトニンの増加は気分を楽にすると言われます。ですからパキシルは、テンションを上げると言うよりは、不安などで落ち着きを失った心を穏やかにするといった方面に効くという声が良く聞かれます。

「余計な部分には働かない」という特性により、パキシルは今までに多かった抗うつ剤の副作用(口が渇くことや便秘など)が軽減されているという宣伝文句で売られていますが、他のSSRIに比べれば、副作用は多めです。これは後述します。

そして、パキシルは三環系抗うつ剤などの古いタイプの抗うつ剤の最大の弱点であった「致死量の絶対値が低い」という問題点をある程度はクリアしています。しかしながら、薬というものは化学物質ですので、大量に人体にそれが取り入れられれば、よからぬ事態に発展することは言うまでもありません。

また、パキシルは適応症として「パニック障害」が認められた国内初の薬でもあります。ソラナックスと共にパニック障害の治療の幅がパキシルの登場で広がりました。

発売された当初は薬価が高くて患者泣かせだったパキシルですが、近年になってジェネリック品が流通しだし、患者の負担が軽減されました。 また、2012年になって、パキシルの副作用の軽減を狙った徐放剤(体に吸収されるスピードを緩やかにするように手を加えられている)であるパキシルCRが発売されました。



パキシルの副作用

パキシルは新型の抗うつ剤でそれまでの抗うつ剤よりは副作用の少ないとは言われていますが、本邦での発売から15年以上、海外では更にその前から発売されているSSRI草創期の薬ですから、 言葉は悪いのですが、近年になって発売になったSSRIより作りが荒く経過しており、実際のところは副作用がかなり報告されているのが実情です。

パキシルの副作用で多いのは「飲み始めの吐き気」です。これは人によりますが、2週間程度で治まる方もいれば、後述しますが私のようにずっと吐き気が続いてしまう場合もあります。

また、パキシルにはかなり強めの離脱症状もあるようです。これは長い間パキシルを飲み続け、薬に体が慣れている状態で突然飲むのをやめると、「耳鳴り」や「空間がゆがんで見えるという状態」そして「手足の震えが起きた」といった症状が起こると言うことです。一度服用したら、あとは医師の指示通り続け、あまりに不快な症状が続く場合は医師に早急に報告することが大切です。

そして、特異な副作用として「セロトニン症候群」があります。私も体験しましたが、ひどい発汗や体のふるえ、そして発熱といった症状が希にですが出るようです。おかしいと思ったら、これもまた、すぐに医師に連絡した方が無難です。

厚生労働省はパキシルの添付文書に「若年の成人で自殺行動のリスクが高くなる可能性が報告されており、投与する場合は注意深く観察すること」との記述を加えるよう指導しました。パキシルと自殺行動との関連はよく分かっていませんが、これを受けた製造販売元のグラクソ・スミスクラインは添付文書を改訂したという経緯もあります。 パキシルには自殺衝動が出たり、他人に対する攻撃性が増すなど、特異な副作用があります。

パキシルは太りやすい薬としても知られています。抗うつ剤は食欲を抑える作用のあるヒスタミンをブロックする働きがありますが、パキシルはその働きが強めの薬です。体重が増えるという点で、特に女性には敬遠されがちな面があります。

パキシルの効能

うつ病・うつ状態。パニック障害。強迫性障害。
応用:摂食障害、過食嘔吐、月経前不快気分障害など

パキシルへの私見

私が初めてパキシルを服用しての感想はと言えば、やたらに吐き気がして、また顔面からの著しい発汗という症状に悩まされたことです。どうやら私とパキシルは相性が悪かったようです。

パキシルの副作用である「飲み始めの吐き気」に私はとにもかくにも辛い経験をしました。パキシルが体に慣れてくれば吐き気は治まると言われ、我慢してパキシルを1ヶ月ほど服用したのですが、結局症状が治まらず、中止となりました。私にとっては副作用のひどさだけが記憶に残る結果になりました。




戻る